○○の日記 本文へジャンプ
広大な三井寺を探検(大津散歩


やはり広い境内です。ゆっくり歩いて色々見ても、見忘れたところがあるようです。

■長等山園城寺(三井寺)
天台寺門宗の総本山で日本四箇大寺の一つです。
天智・弘文・天武天皇の勅願により、弘文天皇の皇子・大友与多王が田園城邑えお投じて建立され、天武天皇から「園城」の勅額を賜り、『長等山園城寺』と称したのが始まりです。
又、三井寺と呼ばれるようになったのは、境内に「天智・天武・持統天皇の産湯」に用いた霊泉があり『御井(みい)の寺』と呼ばれていた。後、開祖智証大師がその井の水を法水として用いられたのが由来となっています。
園城寺

園城寺大門(仁王門)
重要文化財である園城寺大門(仁王門)は三間一戸、入母屋造、桧皮葺の楼門です。宝徳四年(1452)に(滋賀の)石部にある常楽寺に建てられ、のち伏見城に移され、さらに慶長六年(1601)に徳川家康の寄進で園城寺に移されたもので、仁王門と呼ばれています。境内は壮大で至る所に重要文化財が一杯です。
園城寺大門園城寺大門

重要文化財
*重要文化財の園城寺塔婆(三重塔):
この三重の塔はもと大和国(奈良県)比曽寺(現世尊寺)の東塔を秀吉が伏見城に移築し、さらに慶長六年(1601)に家康が園城寺の唐院の一画に移したものと言われます。総高25.15mで、県内7基の三重塔で最大規模だそうです。南北朝頃の建物で、心柱は当時の通例通り初重の折上小組格天井(おりあげこぐみごうてんじょう)の上で支えられている。
重要文化財重要文化財

閼伽井屋(三井の霊泉)
重要文化財 閼伽井屋(あかいや)は慶長五年(1600)の建立で、正面三間、側面二間の一重、
向唐破風造(むこうからはふづくり)、桧皮葺(ひわだぶき)です。
また、正面中央には竜を彫刻した蟇股(かえるまた)があります。この竜は「左甚五郎作」で、この竜が夜な夜な琵琶湖に出て暴れる為、甚五郎が自ら目玉にくぎを打ち込み静めたと伝わっている。
・”閼伽井”とは仏前に供養する水を汲む井の事です。
・閼伽井石庭
この建物の裏には小さな小さな「閼伽井石庭」がありますが日本最古の庭園と言われます。東海中にあって仙人が住み不老不死の地と考えられている蓬莱山を形取った石組です。
重要文化財重要文化財

園城寺一切経堂
*重要文化財である園城寺一切経堂:
仏教の一切経すなわちすべてのお経を納めた堂のことです。内部は八角形の輪蔵(回転書架)を備えている。静かなたたずまいの室町中期ごろの建物だそうです!経蔵はもと山口県の国清寺にあったものを毛利輝元によって慶長七年(1602)に移されたものだそうです。
一切経一切経

三井晩鐘と弁慶鐘
重要文化財 園城寺「鐘楼」で建築年代は鐘楼の「慶長七歳云々:1602年」と刻銘文にあること及び建築様式から桃山時代と推察される。尚、この鐘は古鐘・弁慶の引き摺り鐘の後継ぎとして鋳造されたそうです。
【弁慶の引摺り鐘】
・重要文化財 「弁慶鐘」です。
重量:600貫(2250kg)
総高:199p
口径:132.2p
この鐘は、伝説では承平年間(10世紀前半)に田原藤太秀郷(藤原秀郷)が三上山(近江富士 野洲)の大ムカデ退治の功により琵琶湖の龍神から貰い受けた鐘を三井寺に寄進したものと伝わる。
昔、比叡山(山門)との戦で、比叡の荒法師・武蔵坊弁慶が三井寺に(寺門)に攻め、この鐘を奪って山門に引摺り上げて撞いてみると「イノー、イノー」(いぬ;帰りたいの意味)と響いたので、「弁慶はそんなに寺門へ帰りたいか・・」と谷底へ投げ落としたそうです。その傷跡などが表面に残っている様です。
それらしき後はあります‥
三井晩鐘弁慶鐘

園城寺金堂(本堂)
国宝 桁行七間、梁間七間一重 入母屋造り 桧皮葺現在の建物は慶長四年(1599)に豊臣秀吉の夫人「北政所」によって建てられたものです。
桃山時代の代表的な建造物です。 
国宝本堂国宝金堂

園城寺唐院四脚門
重要文化財 園城寺唐院四脚門です。
・当院は智証大師円珍が入唐して天安二年(858)に請来した経巻・法具類を貞観十年(868)に納め、伝法道場としたことに始まると言う。
・四脚門は唐院の表門で、寛永元年(1624)に建立されたものです。

唐門の四脚門唐門の四脚門

園城寺毘沙門堂
重要文化財 正面一間、側面二間、一重、宝形造、檜皮葺となっており、極彩色を施した唐様式建物です近世初頭の特徴があると言う。この建物は園城寺五別所の一つ尾蔵寺境内の南勝坊(元和二年、1616に造立)にあったもので解体修理に伴いここに移築された。
園城寺毘沙門堂

三井寺 観音堂
観音堂は園城寺南院札所伽藍の中心建物で、如意輪観世音菩薩(重要文化財)を祀っています。
・元禄二年(1689)に再建されています。
・建物は正堂(しょうどう:仏像を安置する)と礼堂(らいどう)を繋ぐ複合建築となっているそうです。
観音堂
お願い:本ホームページ情報で不都合と判断されたところはご連絡をお願いします。削除或いは訂正をさせて頂きます。又,本ホームページ全ての情報は皆様ご自身の責任下でご判断/ご使用ください。当管理者は一切の責任を負いません。copyright©2015 NaniDoko淡海 all rights reserved.